FirstUpをご利用の方に推奨するWordPressプラグイン一覧2014

FirstUpをご利用の方に推奨するWordPressプラグイン一覧2014

WordPressにはさまざまなプラグインがありますが、その中でもFirstUpをご利用の方に推奨するプラグインをご紹介します。

ここでご紹介するWordPressプラグインを利用すると、一部のプラグインには、テーマに合わせたデザインが施されるようになります。プラグインのためのカスタマイズが不要となりますので、ぜひご利用ください。

プラグインをインストール方法としては、管理画面の『プラグイン』→『新規追加』→『検索』にプラグイン名を入力すると、関連プラグインが表示されますので、該当のプラグインをクリックし、有効化してください。

専用のダウンロードページからダウンロードし、アップロードするかたちでもできますが、検索する方が簡単に素早くインストールすることができます。お好きな方でどうぞ。

更新や管理をラクにするWordPressプラグイン

WordPress SEO

トップページ、アーカイブページ、記事ページなど、すべてのページのSEO対策をおこなうことができるプラグイン。

「カテゴリやタグなどのアーカイブページは、重複コンテンツが気になるな…。」という場合、noindexを指定することも可能。

SEO対策として細かく設定したい方におすすめのプラグインです。

AddQuicktag

HTMLエディターやビジュアルリッチエディターで、定型文の入力するためのクイックタグを追加するためのプラグイン。

FirstUpには、あらかじめショートコードの設定や、記事内で使用できるCSSの設定が施されております。その入力を簡単にするクイックタグのインポート用ファイルを後ほどご用意しますので、このプラグインは適用しておくことをおすすめします。

Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリーやカスタムタクソノミーなどの順番を並び替えることができるプラグイン。

Contact Form 7

お問い合わせなどのフォームを簡単に作成することができるプラグイン。
このプラグイン用のデザインもCSSに記述済みです。

専用のHTMLタグが必要になりますので、別記事にてご紹介します。

Google XML Sitemaps

検索エンジンのためのサイトマップを自動的に作成してくれるプラグイン。

SyntaxHighlighter Evolved

記事内で、HTMLタグやCSSコードなどをご紹介する際に、スニペットを見やすくきれいに表示させるためのプラグイン。
このプラグイン用のデザインもCSSに記述済みです。

Table of Contents Plus

文章が多く、長めの記事に便利な目次を自動作成してくれるプラグイン。<h2><h3>などの見出しをつけていると自動で情報を取得し、そのまま目次として一覧表示してくれます。

WordPress Ping Optimizer

WordPressでは、記事を更新すると、あらたじめ設定しておいたPing送信先にPingを送り、更新情報を通知してくれます。

しかし、更新した後に記事内で修正すべき箇所があり、修正後に公開ボタンを押すと、再度Pingが送信されてしまいます。繰り返しPing送信をおこなうとスパム扱いされる可能性があります。それを制御するためのプラグイン。

PubSubHubbub

記事更新時に、RSS登録者やGoogleなどに更新通知をすばやく送信できるプラグイン。

詳細は、Google、PubSubHubbubで真のリアルタイムインデックスを実現に詳しくご紹介されていますので、読んでみてください。

読み方は「ハブサブハブバブ」や「パブサブハバブ」、略して、PuSH(プッシュ)。

表示速度をアップさせるWordPressプラグイン

W3 Total Cache

ブログの表示速度を高速化するプラグイン。
さまざまな設定が可能となっております。

ただ、環境によって結果が異なるようなので、こちらの使用に関しては自己責任というかたちでお願いします。

WP Hyper Response

日本人の方が作られた高速化させるためのプラグイン。
特に管理画面の表示速度をアップさせることができます。

詳しい内容については、このプラグイン作者の記事WordPressを高速化するプラグインを作りましたをご覧ください。

001 Prime Strategy Translate Accelerator

翻訳ファイルの読み込みをキャッシュ化してくれるので、サイト表示にかかる時間を短縮させることができるプラグイン。

DB Cache Reloaded Fix

データベースへの負担を減らし、高速化させるためのプラグイン。
集中したアクセスがある時などに効果を発揮します。

EWWW Image Optimizer

記事内で使用している画像を圧縮し、最適化してくれるプラグイン。

Revision Control

WordPressでは、記事や固定ページの作成時に定期的に内容の自動保存をおこなってくれます。しかし、そのデータはデータベース内に溜まっていってしまうため、記事数や固定ページ数が多くなると弊害が起こる場合もあります。

その自動保存機能を無効化したり、保存する記事数を制限し、データベースへの負担を軽減させるためのプラグイン。

高速化させるためのプラグインではないので、あしからず…。

セキュリティー対策のWordPressプラグイン

AntiVirus

WordPress内のウイルスチェックをおこなってくれるプラグイン。
テンプレートファイルなどをしっかりチェックしてくれます。

ちなみに、FirstUpをご利用の方の場合、functions.phpで反応があるかと思います。
それは、記事内にYoutubeの動画やGoogleマップを、簡単に設置するためのショートコードをfunctions.php内で設定してあり、その中の『<iframe>』に反応しているようです。

こちらは問題ありませんので、もし反応が出ても『There is no virus』をクリックしてください。

Theme Check

利用中のテーマが、WordPressが定めているテーマのガイドラインに適合しているかどうかを調べるプラグイン。
つまり、問題のないテーマかどうかをチェックしてくれるのです。

WordPressテーマの作成やカスタマイズする際は、ぜひこのプラグインでチェックしてください。

FirstUpでは、問題の箇所はありません。
ただ、テーマアップロードをする際に、Macでフォルダごとアップロードすると、『.DS_Store』という隠しファイルも一緒にアップロードされてしまう可能性があります。

その場合は、サーバー上にある『firstup』と『firstup-customize』フォルダを確認し、すべての『.DS_Store』ファイルを削除すれば問題ありません。

WordPressが定めるガイドラインもご参照ください。

人気記事ランキング表示用のWordPressプラグイン

WordPress Popular Posts

人気記事を表示させるためのプラグイン。

管理画面からアクセス数などの確認ができます。カスタマイズ性も高いので、使い勝手が良いです。

WP-PostViews

こちらも、人気記事を表示させるためのプラグイン。

特徴としては、このプラグインを利用するとカスタムフィールドを自動で出力するので、自由なデザインとレイアウトを作り出すことが可能となります。

FirstUpでは、テーマ内のsidebar.phpと404.php(正確には、temp-404postlist.php)に専用のタグを設置してありますので、このプラグインを有効化すれば、2カ所に自動でランキング表示されます。

デフォルトで使用される場合には、このプラグインを利用しましょう。

デフォルトで入っているWordPressプラグイン

WP Multibyte Patch

WordPressを日本語で使用する上で必須のプラグイン。
WordPressに標準で搭載されていますので、すぐ有効化しておきましょう。

Akismet

コメントやトラックバックのスパムを防ぐためのプラグイン。
有効化するためにはWordPress.comに登録が必要ですが、簡単に登録できますので、ぜひ有効化しておきましょう。

と、以上です。

すべてを推奨するというわけではないので、気になったものをぜひ導入してみてください。

あ、WP-PostViewsは、有効化しないとサイドバーの人気記事部分にスペースが空いてしまいますので、初めは入れておいた方がいいかも。

FirstUpをご利用の方に推奨するWordPressプラグイン一覧2014 by

コメントを残す